株式会社IMA
オーラソーマのスクール、関連イベントを実施しています
info@i-making.co.jp
http://www.i-making.co.jp/

オンラインショップ
オーラソーマ製品やオーガニックコスメがインターネットからお買い求めいただけます。
http://www.i-making.co.jp/onlineshop/

IMA on facebook
https://www.facebook.com/ima.imaking

2018年12月03日

カラーリアムを小学校の通級で使っていただいている先生からの学級便りです。

千葉にある公立小学校の先生から、カラーリアムを使って指導されたご報告を次のようにいただきました。

FullSizeRender.jpg

「お話タイム」は、1週間の出来事と自分の気持ちを話すコミュニケーション学習です。

1学期までは、☀️晴れ:楽しい、☁️くもり:まあまあ、☂️雨:つまんないの3つから気持ちを選んで話していました。

もっとそれぞれの気持ちにフィットする言葉で表現することはできないか?と考え、気持ちを色で表すことにしました。

 まず17本のカラーボトルの中から自分の気持ちに合う色を1本選び、どんな気持ちの1週間だったか、どんな出来事があったかを自由に話します。

 すると、今までにでてこなかったいろいろな言葉で気持ちを表現できるようになりました。

 「楽しい」「うれしい」「つまんない」の墓に「最高!」「ワパーいっぱい」「気持ちいい」「がっかり」「泣きそう」など色々な気持ちを聞くことができるようになり、とてもうれしく思っています。

 引っ込み思案であまり話をすることができなかったNちゃんが、通級で学んだ「ぷちはっぴー!」な出来事を詳しく話してくれたり、教室での勉強が思うようにできなかったRくんが、「みんなといろんな勉強や運動ができてすごく爽やかな気持ち」と笑顔で話してくれたりしています。

 あまり、学校に来れれず、「どっちがいい?」と聞くと、ほとんど「どっちでもいいです。」と答えていたMちゃんもすんなりクリアーカラーボトルを選部ことができました。

 自分の気持ちを振り返り、ボトルを選んで、話をする。簡単なエクササイズですが、自分で選び、自分の言葉で表現することは、意思決定する力、自分の考えに自信をもって表明する力を育み、私がしっかりと聞いて、気持ちを受け止めることで、自己肯定感を高めることにつながる大切な学習と考えています
posted by さっちゃん at 18:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

カラーリアム1周年を迎えて

11月11日 いつも忘れられない日❤

カラーリアムを発表し1年になる🎁

1年 早いようで実に様々なことが起こった✨

私は真夏に生まれたが、父の誕生日であったこの11月11日向けて、いつも人生がポジティブに進むような気がする

この良き日に、このところいつも思うことをシェアさせていただきたい。

色を仕事にして30年
始めたのは30歳になったばかりだった。
その頃は、欧米に対する憧れを強く持っていた。

アメリカからカラーコーディネート
イギリスからカラーセラピー
両方ともまだ日本に入ってなかった、もしくは入って間もない頃から関わることになり、計り知れない影響を受けたと思う。

50歳を過ぎた頃から、自分の中でしっくりいかないものを感じ出して来た。
飽きてきたから?マンネリか?
年をとって、考え方、捉え方が違ってきたからか?

年をとると都会よりも自然に囲まれて暮らすことを好むように、
また、故郷や自分が育った環境をいつくしむように。

原点回帰かな〜

そんな思いが強く出てきて、今までやってきたことを自分なりの解釈とキャリアを活かして、社会に活かせるものを作り上げようと『カラーリアム』を発表した。

欧米の文化を取り入れることは、大いなるアイディアと感覚を磨くのには役に立つが、日本人独自の心に深く響くところまでは及ばなかった。

ITの発展により、多くの情報を得ることができ、グローバルな世の中になった。
欧米のように、自由な教育をとさまざまな学校がその手法を取り入れてきたが、
日本人の心がついていっているのだろうか。はたまた、日本人の良さが置き去りになっていないだろうか。
そう思い出していた。

便利で合理的な世の中になってきたが、不登校やひきこもり、どの世代でもうつ症状を抱えている人がどれだけ多いことか。

日本人の良さを取り戻す。ふれあい、共感、思いやり。

カラーリアムは、色を通して自分を知り、即生活に取り入れて、心身ともにピカピカに輝く自分に向かっていく。
理論だけでなく、実践していく。

そう強く思ってカラーリアムを発表してから1年、思いは伝わるものだ

医療の分野
大学
高齢者のデイケア
高校のフリースクール

カラーリアムの考え方に共感をしていただく方も増え、カラーリアムを取り入れてくれることになった
いや、カラーリアムを取り入れ、それぞれの分野で、それぞれに関わる人たちが本当に必要としているものを一緒に作り上げていっていただく。

私たちの年齢になると、それぞれの分野で深い知識とキャリアをもっている方ばかりだから、それはそれは、素晴らしいものが出来上がりそうな予感と確信に満ち溢れる。

これからが益々楽しみだ
現代の日本人に本当に大切なこと、必要なことを提供できる

image.png



posted by さっちゃん at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

短所を長所に変える

IMG_1679.JPG

カラーリアムでは、自分のネガティブな質をポジティブに変え、生活を楽しく生きるための色によるサポートシステムを展開し、11月で1年を迎えようとしている。

その手軽さとあらゆるジャンルに応用しやすいことから、学校、高齢者の施設、医療関係と導入が始まってきた。
オーラソーマ時代にできなかったことが、あらゆる分野の方々が、カラーリアムの情報を知って集まってきたくださっている。

なぜかそのエネルギーは連鎖する💥

カラーリアムができた最初のコンセプトとしたのは、それぞれの人がもつ色の質をいかに輝かせるか✨

人の短所をなくしたことで、長所が伸びるとは限らない。

まずは、色を通じて自分を知ること。
それにより、短所も長所となり得る。

そして、自分が使う言葉もネガティブな言葉をポジティブに変換させて、できるだけポジティブな言葉を日常に使っていくだけで、自然とポジティブな感情を抱きだし、日常生活が輝きだす✨

そこでなかなかポジティブな言葉が見つからない方のために、『色はとりよう』というネガティブな言葉(短所)をポジティブな言葉(長所)に変えるカードを作ってみた。

今日ちょうど母校で開催された臨床心理の授業を受けにいったら、’話の聞き方’のパターンの説明があった。
IMG_1680.JPG

1. 解釈(何故そうなのか)
2. 評価(価値観を与える)
3. 支持
4. 検索
5. 共感

私たちは通常1→5へとやりがちだが、カウンセラーはその逆の5→1へと聴いていく。
相手の気持ちに寄り添い共感することで、肩の荷がとれ、自分なりの選択肢がでてくる。

時代がIT化し、いくらAIが発達しようとも、この相手の気持ちによりそったり、自分で答えがでるように導いていくのは、人と人との関係性からしか生まれない。

今日の教授がもうひとつ例を挙げてくれた。

奥様の話が長くて長くて、いつも2〜3時間になるのが苦痛でしようがないという旦那様。
ある時、奥様の話にうなずくようにしてみた。すると話が1時間で済んだ。
さらに、奥様の目をみて頷いてみた。すると話が30分で済むようになったと。

これは私たちのようなカウンセリング術を学んだ方にとっては当然のこととして知っているが、人との触れ合い、ご近所さんとの付き合いなどが希薄になっている昨今では、知らない人も多くなっている。

だから、私はカラーリアムをつくりあげたのだ❤
自動運転ができる車のニュースを昨日みたが、あえて歩こう会を勧めているようなもの。
このIT社会から逆行する人と寄り添うカラーリアムだ💕

日比谷シャンテ店を始めとして、東京、大阪、福岡とプチ体験講座もありますので、ぜひカラーリアムを体験してみてください🎁
輝くあなたを発見できますよ🎀
posted by さっちゃん at 19:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式会社IMA
オーラソーマのスクール、関連イベントを実施しています
info@i-making.co.jp
http://www.i-making.co.jp/

オンラインショップ
オーラソーマ製品やオーガニックコスメがインターネットからお買い求めいただけます。
http://www.i-making.co.jp/onlineshop/

IMA on facebook
https://www.facebook.com/ima.imaking