株式会社IMA
オーラソーマのスクール、関連イベントを実施しています
info@i-making.co.jp
http://www.i-making.co.jp/

オンラインショップ
オーラソーマ製品やオーガニックコスメがインターネットからお買い求めいただけます。
http://www.i-making.co.jp/onlineshop/

IMA on facebook
https://www.facebook.com/ima.imaking

2015年03月26日

植物から動物の時代へ

オーラソーマに関わってきたお陰で植物、特にハーブに関心を寄せて来た

一方でオーラソーマを中心になってやっておきながら、1凛のお花を食卓に添えるよりも、1品おかずが欲しいタイプ
忙しい、忙しいと毎日を送り、道にお花が咲いていても見逃していたに違いない。
自然はリゾートに行く以外は十分だった。
草食系なんて信用出来ない、やっぱり肉食系!
オーガニックレストラン?昼なら良いけどディナーは絶対イヤ!
こんな感じ!

ある時、ふ〜と、お花を眺めていると、こころが癒されていくのが分かった
オーラソーマを初めて何年も経って、ボトルを身体に塗ってみようかなと思った。

日本でもアロマセラピー、カラーセラピーと1990年代半ば頃から流行して行った。
香りも色も人々の心をつかんでいった

ここで、私的には20年の月日が流れ、今思うことぴかぴか(新しい)
人も社会も、世界も変わった。
その一番の原因が’インターネット’の普及だと思う

昨今の事件、ひとの心はどこへいってしまったのか?
もう、植物、そんなもんでは用足りないあせあせ(飛び散る汗)

草食系より肉食系exclamation×2
そうだ、動く物(動物)だ犬
ペットに癒されている人も多い。

そしてイルカやクジラとの出会い
以前はイルカウォチング、まったく興味無し。
水族館でのイルカショー、イルカが可哀想に思えた。

しかし、今は全く違った考えを持っている。
今、私達が失った心や情というものを改めて教えてくれるものだと。
もちろん植物や鉱物も自然界の生きているものだが、この心を持ち合わせてはいない。

そして、唐津、イルカとジャック・マイヨールとの繋がり。
オーラソーマのエネルギーを調整し続けて来たエリック・ペラム氏との再会。
このおふたりの接点は、「人間とイルカがいかに近い存在であるか、人間がイルカに学ぶべきことがいかに多いか」を説いているところ。

単に数値的、学術的に地球環境の保護を訴える従来のやり方とは全く異なり、大自然とともに生きるイルカの心を理解することは、私達人間が失いかけている’こころ’ を取り戻す鍵になる気がしてならない。

植物から動物の時代へ。






posted by さっちゃん at 15:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式会社IMA
オーラソーマのスクール、関連イベントを実施しています
info@i-making.co.jp
http://www.i-making.co.jp/

オンラインショップ
オーラソーマ製品やオーガニックコスメがインターネットからお買い求めいただけます。
http://www.i-making.co.jp/onlineshop/

IMA on facebook
https://www.facebook.com/ima.imaking